社労士のお助けブログ

ジタハラに気をつけよう!

「働き方改革」、進んでいますか?
この4月からは、沖縄県内のどの企業でも「働き方改革」に取り組んでいる!という世の中です。
(「働き方改革」って何?何から始めれば?と思った方は当センターにご相談を)

「働き方改革」が進んでいる場合も、進め方をチェックすることをおすすめします。
例として、「残業削減は、方針と具体策がセットになっていますか?」

「長時間労働の削減」は重要なテーマの一つです。
もちろん、残業は減らす方向で検討するべきですが、具体策とセットで行うことが重要です。
「原則、残業なし」「定時に退社」等の方針だけで、業務量が変わらないとすれば、おのずと働く人にしわ寄せがいってしまいます。

「あなたの会社で『働き方改革』(長時間労働の改善)に関する取り組みが導入されたことにより、困っていることはありますか?」という質問に対し、4割が「働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない」と回答したとの調査結果もあります(高橋書店2017年11月発表)。
案外、同じ悩みを抱えている場合が多いのでは?
方針だけ押し付けてしまうと「ジタハラ」になってしまう場合すらあります。

「働き方改革」の進め方についても一緒に考えていきましょう。

投稿者:特定社会保険労務士 岡 輝一

沖縄働き方改革推進支援センター広告

沖縄働き方改革推進支援センター

PAGE TOP